歯科治療費の決まり方

歯科治療を決める保険点数

歯科治療費と保険について

会社員であれば毎月決まった値段の健康保険の代金を、支払っています。なのでもし虫歯などで歯が痛くなったら歯科へ行き3割負担で、治療を受けることができます。その時歯医者さんによって治療費が異ならず、歯を削っていくら、詰めていくらとすべて保険の点数で治療内容が決められています。なのでどこの歯医者で治療しても、同じような内容になります。奥歯なら銀歯を詰めなければならず、もしきれいに詰めたいと思うと審美歯科へ行って治療する必要があります。セラミック、ジルコニアなど歯の状態に合わせて素材を選び、違和感なく治療することも可能です。ただし自費となるため高額な治療費がかかります。

歯科の保険点数の考え方

歯科医院での治療費は高いと考えている患者さんが多いですが、実は保険治療の場合の金額は、点数によって国が一律に決めています。この点数は1点につき10円で計算されるようになっていますが、保険証を使うことで3割ほどの負担額で済むようになっています。国が決めているので、同じ薬を使って同じ治療を行えば、日本中であればどこの歯科医院で治療をしても同じ費用になります。自費診療の場合は、クリニックが独自に治療費を決めることができるので、ホワイトニングやセラミック、インプラントなどは治療にかかる金額に差が出ます。

↑PAGE TOP